債権回収は難しい?

債権回収を個人でやるとき、いろいろ制約と限界があります。 それは、債権回収を個人でやるにはあまりにも労力がかかってしまうことです。 一般人が債権回収をしようとするとき、まずは電話で督促したり、実際に出向いたり、行政書士を使って内容証明郵便を送ったりするぐらいでしょう。 それでも払わない人は払いません。 そこから先は裁判になるのですが、実は裁判で勝ったからといって、確実に債権回収できるとは限らないのです。

お金を払わない相手に対して、裁判で強制執行を取りにいくとしましょう。 そのためには、相手の財産を自分で調べておかなくてはいけません。 相手の不動産などを調べて裁判所に提出するのです。 もう、シロウトが手を出せる範疇を越えていますが、そこから強制執行を取ったとしても、それでも払わない人は払わないのです。 「金は払わない」と腹を据えてしまった人間には、個人の力だけでは動かすことは難しいでしょう。 どうすれば、金を払わない相手に金を払わせることが出来るのでしょうか。

金を払わないと決めた人間に金を払わせるには、相手に「金を払いたい」と思わせることがポイントになります。 そのためには心理的なゆさぶりが必要なのです。 ドラマなどでは債権者が反社会的勢力のようなカッコをして、職場までやってきて恫喝をするシーンがありますが、あれはあながちウソではありません。 相手に「金を払いたい」と思わせるには、ハッタリやゆさぶりが必要なのです。 もちろん、反社会的勢力に力を借りるのはダメですし、一般人が同じ事をするわけにはいきません。 合法的なハッタリやゆさぶりをしなくてはいけないのです。 それは弁護士の力を借りることです。